ミシン持って出張!

こんにちは!

秋は学校行事も多いので、舞台幕の補修や新調のお問合せも沢山頂戴しております(^^)

今回は近畿某私立校の体育館ステージの舞台幕の補修工事に行ってまいりました。

舞台幕を吊っている上部の紐がこのように劣化して千切れそうになっていた為、

現場にミシンを持ち込んでの補修作業となりました。

IMG_0364-2

工業用ミシンを現場に持ち込み、ステージの上で端から端まで移動しながら新しい紐に付け替えていきます。

IMG_0369-2IMG_0371-2

補修内容によっては工場に持ち帰って補修することもありますが、今回は現場での作業となりました。

舞台幕を吊っている紐は通称「チチヒモ」といい、かなりの加重に耐えられる素材ですが、

経年劣化は避けられませんので定期的に点検することをお勧め致します。

【余談】

今回施工した現場の学校は、近畿でも指折りのスポーツ進学校でした。

舞台幕の補修作業をしている横で、体育の授業でバスケットボールをしていたのですが、バスケ部でもない生徒がいとも簡単に”アリウープ(空中でパスをキャッチしてダンクするやつ)”を決めていました。

これまた滞空時間が長いんです。

さすがスポーツ進学校。フィジカルのアベレージが半端ないんですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です