一文字幕(いちもんじまく)ってこんな幕

こんにちは(*^^*)

大阪はだいぶジメジメする日が増えてきました。

気象庁の予報では、近畿地方は間もなく梅雨入りだそうです。

さて、本日は「一文字幕」のお話を少しさせて頂きます。

「霞幕(かすみまく)」「水引幕(みずひきまく)」と呼ばれることもあります。

butaiichi

舞台全体の高さを調整したり、上部の照明機材などを覆い隠す役割をしています。

最前列のものには、校章等を刺繡することもあります。

誰もが聞けば知っている、でも名前は知らない・・・そんな幕の一つです。

上部からちょろっと見えているイメージの一文字幕ですが、

実は下りてくると結構縦にも長いんです(↓下の写真)。

IMG_0324

このように幕を吊るしている「バトン」と呼ばれる鉄パイプが下まで降りてくることで、

メンテナンスや吊り替え(新しい幕に交換)の作業が出来るようになります。

あまり一般には公開されない舞台の姿ですよね。

私も初めて見たときはワクワクしました(*^^*)

今日はそんな「一文字幕」のお話でした♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>